堂々と副業ができる強みがある

正社員の場合は、どうしても副業が制限されるケースが多いです。
会社によっては、全面的に禁止しているところもあるでしょうし、そのような状況で副業をするのはリスクが高いです。

もしも、禁止されているにも関わらず副業をして、会社にバレてしまえばどんな処分を下されるか分かりません。
最悪の場合は、解雇対象になってしまう可能性も否めないのです。

しかし、フリーターや非正規雇用の人であれば、そのようなことを気にせずに、堂々と副業をすることができるわけですし、それが大きな強みでもあるのです。
人によっては、かなり稼げる在宅ワークなどをやり、正社員の人と変わらないぐらい稼いでいる人もいるのです。

今の時代は、正社員であっても決して安泰とは言えません。
もちろん、保険であったり手当などで優遇されている部分もありますが、結局解雇されてしまえばどうしようもないのです。
会社自体が倒産するケースも少なくないのですし、一寸先は闇なのです。

ですから、たとえ正社員でなくても、副業でそれなりに稼げているのであれば、ある意味そちらの方が安定しているかもしれないのです。
自由に仕事が選べる分、いくつでも掛け持ちすることもできるので、1つがダメになってもそこまで大きな影響はないわけです。

もちろん、副業をメインとするのも、それはそれで不安定な部分もありますし、デメリットもあるわけですが、それは正社員でも同じことなのです。
どちらが良くてどちらが悪いかなんて時代では、もはや無くなったのです。

お金以外にもいろんな魅力が副業にはある

副業をしている人のほとんどが、お金を目的として働いていると思います。
もちろん、お金をもらえるからこそ副業をするわけですが、お金以外にもいろんな魅力が副業にはあるのです。

例えば、自分が本業として働いている業種とは、全く別の業種で副業をするとします。
そうすることで、いろんなスキルを身につけることができますし、違う職種を経験することによって、人としてのレベルのアップするのです。

普段は事務作業をしている人が、副業では接客業をすることによって、コミュニケーション能力を高めることができるわけです。
また、普段は体力を必要とする仕事をしている人が、知識を必要とする副業をすることで、人間性を高めることができるのです。

他に、副業をすることで気分転換ができたり、普段と違う刺激を与えることによって、日々の生活を活性化させることもできるのです。
同じ仕事ばかりしていると、どうしてもマンネリ感を感じてしまうことも多いですが、違う仕事をすることでそれを解消させることができるのです。

後は、人脈を広げることができたり、副業先で友達を作ったりすることもできるので、そういうメリットもあるわけです。
お金を稼ぐことが大前提ではあるでしょうが、それ以外の魅力もしっかりと活かしたいところです。

ただ、くれぐれも副業に飲めるこみすぎないようにして、本業に影響のない範囲で行うようにしましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.